塾講師を契約社員や派遣にするメリット

<塾講師に派遣を雇うことでマンネリを防ぎ、募集の手間も省く>塾講師の雇用形態には社員、契約社員、アルバイトに加えて派遣という選択肢があります。
もちろん先ほども述べた通り子供に勉強を教えるという業務から、信頼関係を築けていた方が勉強もはかどります。
そこで普段は長期の社員や契約社員に任せることとなります。
顔見知りになっていた方が子供たちも安心するのは当たり前ですよね。
ですが、それではマンネリになってしまう場合があります。
慣れることで塾講師と子供が友達のようになってしまい、漫画やテレビの話をしてしまい勉強に身が入らなくなってしまうのは、子供の頃に経験した大人もいるのではないでしょうか。
そこで派遣を利用することで新しい講師を入れ、子供たちに緊張感を取り戻すことができます。
期間を短く、短期にすれば最初の緊張感を保ったままの授業を行うことができます。
そしてもう一つ、その時期だけの人材を手間をかけずに確保できるため生徒の募集に時間を割くことも出来ます。
生徒募集業務に集中することができるのです。
また他に必要な業務も支障なく行えることができるでしょう。
派遣を利用することで本来の業務に集中することができ、塾経営が滞りなく行えることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>