塾講師の契約社員と派遣に関して

塾講師は、何も社会人だけではなく、場合によっては学生さんまたは卒業を間近に控えた大学生などが授業を行うこともあるお仕事です。
多くの場合は、大学または大学院卒業であり、一定レベルの大学でなければ採用がされないことも珍しくありません。
また、高卒などは滅多に契約社員としても塾講師として雇用はされていません。
最低でも短大卒業レベルの学歴がなければ、塾講師は勤まらないとされています。
これは、当然ですが、生徒さんが受けたい大学以上のレベルの大学などを、塾の先生が学歴として持っていなければ、その生徒さんを教えることなどできません。
また、生徒さんが教えてほしいという項目などについて、分からない、と即答が出来なければ、派遣や契約社員であっても、塾講師としては失格です。
特に派遣の場合には、派遣先もの評判を落としてしまうことがあるため、このようなクレームがあった場合には、仕事そのものを失う可能性もあります。
契約社員に関しても同様であり、生徒さんにしっかりと勉強を教えることが出来ない塾講師の場合には、講師の資格がないとされ、場合によっては、クビになったしまうこともあります。
学歴がしっかりとあり、またしっかりと丁寧に教えることが出来る先生が求められる世界であるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>